デリケートゾーンの悩みをスッキリ解決~悩みにサヨナラしよう~

微笑む女の人

早めの治療が必要

女性

カンジタとは、疲労や寝不足、風邪などで免疫力や抵抗力が落ちることによって、カンジタ菌と呼ばれる菌が膣の中で増殖してしまい女性器部分が炎症を起こしてしまう病気のことです。カンジタの原因は他にも、性交によるものやホルモンバランスの乱れなどによっても症状が引き起こるとされています。女性の場合は生理前や妊娠中などには、ホルモンのバランスが乱れやすくなっており、ホルモンバランスが乱れてしまうと膣の自浄作用の働きが低下してしまいカンジタ菌が増加しやすくなってしまうのです。そのため、生理前や妊娠中のホルモンバランスの乱れには注意するようにしましょう。カンジタによって炎症を起こしてしまうと陰部が腫れて痛みやかゆみを生じたり、普段よりもおりものの量が多かったりと様々な症状として現れるのです。カンジタをそのまま放っておくと病状を悪化させてしまう恐れがあるため早めに治療するようにしましょう。

カンジタを予防する方法としては、通気性のよい下着を着用し生理の時にはこまめにナプキンを交換したり、ヨーグルトを食べたり、免疫力や抵抗力をつけるために栄養バランスを考えた食事をしたりといったように様々なものがあります。デリケートゾーンは汗をかきやすく蒸れやすい場所とされています。そのため、長時間同じナプキンを着用していると細菌などが増殖しやすくなってしまうため、こまめにナプキンを交換する必要があるのです。また、ヨーグルトには免疫力を高めてくれる乳酸菌が含まれているため積極的に摂取するとよいでしょう。自分に適した予防策でカンジタを予防しましょう。